犬のぬいぐるみの口の部分を作る 犬の羊毛フェルト、大型犬ホワイトシェパード

犬のぬいぐるみトップ> 羊毛フェルトを使って犬のぬいぐるみを作ってみよう~顔編その2~

羊毛フェルトで作る犬のぬいぐるみ。ぬいぐるみの唇部分を付ける大型犬ホワイトシェパードの口の黒い部分(唇?)を付けていきます。
まずは最も目立つ下あごの方から。白い下あご部分のふちの外側を包み込むように黒い羊毛フェルトを置いて、優しく軽く針をチクチクしていきます。あまり強く針を差し込むと、黒のフェルトが寄ってきますし、毛穴のように目立っていきますので、薄くのばしながら優しく丁寧に仕上げていきます。

羊毛フェルトで大型犬ホワイトシェパードのぬいぐるみを作るポイント
もしかするとここが一番面倒な部分かもしれません。黒い部分が厚すぎてもいけませんし、白い下あごと黒い唇のラインが直線的に見えてもリアルさが増しませんので、画像のような感じで黒い羊毛フェルトを舌の口に取り付けてください。

羊毛フェルトで作る犬のぬいぐるみ。だんだんと唇の形が整ってきています。こんな感じでぬいぐるみの下あごに黒い羊毛フェルトを針でチクチク地道に付けていきます。
その際、ぬいぐるみの下あごも一緒に整えます。前ページのあごよりもだんだんとリアルさが増してきたかと思います。ホワイトシェパードの下あごは、以外と厚さがないのです。大体ですが形が見えてきたかと思います。これを更に丁寧にリアルなラインにしていきます。

上手に大型犬ホワイトシェパードのぬいぐるみを羊毛フェルトで作るポイント
できるだけ丁寧にぬいぐるみの下あごの白い部分のふちを包み込むように黒い羊毛フェルトを取り付けていくのですが、ある程度修正しなくて良いくらいに下あごも一緒に整えて下さい。頭のパーツに取り付けてしまうと、なかなか修正しにくくなってしまいます。この黒い唇の内側に、歯茎と歯を取り付けていくのですが、その土台をしっかりと作っておかなければ、下あごに幅が出て、リアルさが減少しますので、ぬいぐるみの下あごの厚さに気をつけて作って下さい。

羊毛フェルトで作る犬のぬいぐるみ。犬のぬいぐるみに歯茎を付ける。これが犬歯が乗るど土台となりますので、しっかりと固定しましょう。今度は歯茎。細く切ったピンクのフェルトを折り曲げてしっかりと針でチクチクします。ここに犬のぬいぐるみの歯を取り付けていく部分ですので、しっかりと安定するように固めます。ついでに口の形も修正しながら、よりリアルに仕上げていきます。

上手に大型犬ホワイトシェパードのぬいぐるみを羊毛フェルトで作るポイント
大型犬ホワイトシェパードって、口の周りが黒く、下あごのほうが特に目立ちます。そして微妙に歯茎が見えているのですが、この上に白い歯が乗ってきます。黒で縁取られたピンクの口の中に、白い歯が目立つようにリアルに作っていきます。

羊毛フェルトで作る犬のぬいぐるみ。ある程度ぬいぐるみの口ができてきたら、一度各パーツを組んでみて、できあがり・横幅・割合などをチェックすると良いでしょう。ある程度仕上げたら、それぞれのパーツを組み合わせて、横幅などを確認し、各パーツの割合が正しいかどうかをチェックします。
たとえば下あごの横幅が上あごよりも広ければ、上あごの横幅にあわせて下あごを横から針でちくちくちく・・・修正して、各パーツとのバランスをとっていきます。これを繰り返して下あごを仕上げていきます。

上手に大型犬ホワイトシェパードのぬいぐるみを羊毛フェルトで作るポイント
各パーツと組み合わせてチェックすることにより、ホワイトシェパードの実物と比べやすいかと思います。ラインがおかしければ、羊毛フェルトを足していき、丁寧に仕上げます。この画像は下あごのみ仕上げている最中ですので、下あごに歯茎、歯を取り付けた後、舌、上あごの作成に取りかかります。その際も、このようにぬいぐるみのパーツを一度組み合わせて、バランスが取れているかどうかをチェックしながら仕上げていきます。口の中は、あとで修正がしにくい部分ですので、最初から丁寧に仕上げていきます。

羊毛フェルトで作る犬のぬいぐるみ。ある程度ぬいぐるみの口ができてきたら、一度各パーツを組んでみて、できあがり・横幅・割合などをチェックすると良いでしょう。上あごも同様にして、黒い羊毛フェルトで縁取りします。上あごは下あごと比べ、黒いラインが細く見えるようにし、口の中側に貼り付けるような感じで、やや上の口の周りを囲むような感じで、細く見えるようにします。

上手に大型犬ホワイトシェパードのぬいぐるみを羊毛フェルトで作るポイント
口の中はしっかりと固定できるよう、羊毛フェルトを針で刺してしっかりと固定します。一度組み立てると修正がやりにくいので、口の中ははじめから完全に作り込むのですが、この口の中が柔らかいと、舌や歯が安定せず、特に歯が取り付けにくいので、できるだけしっかりと固定しましょう。

羊毛フェルトで作る犬のぬいぐるみ。犬のぬいぐるみの歯を取り付ける。犬のぬいぐるみの下あごに歯を取り付けます。これは非常に面倒ですので、すべての本数を付けるか、見えているところだけ取り付けるかはお決めになって下さい。この歯の素材は、羊毛フェルトではなくシート羊毛で作ることをお薦めします。非常に時間のかかる作業でしたので、省略します。ただ、歯を取り付けることにより、口の中がリアルになりますので、チャレンジされても宜しいかと思います。
下あごに歯を取り付けると、次は舌を下あごにしっかりと取り付けます。(ちなみに奥歯から片方3本ずつは省略しています。)

上手に大型犬ホワイトシェパードのぬいぐるみを羊毛フェルトで作るポイント
犬が口を開けたとき、ある程度見えるくらいの範囲だけの本数を取り付けても宜しいかと思います。歯を付ける付けないで、結構違って見えますので、もし犬のぬいぐるみに歯を付ける場合、それらしい歯の取り付けたかをしてみましょう。

羊毛フェルトで作る犬のぬいぐるみ。犬のぬいぐるみの上あごにヒゲの根元を付ける。犬のぬいぐるみの上あごにヒゲの根元を付けます。 上あごの内側から黒い羊毛フェルトを針で押し出すようにして根元の黒を表現します。口の内側から針を奥まで押し出したら、外側に黒い羊毛フェルトがでてきますので、針を取った後、はさみで内側のいらない羊毛フェルトを切り、外側のヒゲの根元のはみ出した羊毛フェルトを切り取ります。

上手に大型犬ホワイトシェパードのぬいぐるみを羊毛フェルトで作るポイント
画像を見ると、この根元の黒い部分は、しっかりと並んでいるように見えます。同じような感じで、根元を付けていくと、よりホワイトシェパードらしくなることでしょう。

羊毛フェルトで作る犬のぬいぐるみ。犬のぬいぐるみの鼻を作る。犬のぬいぐるみに鼻を付けます。これは簡単なので作り方を省略します。
鼻を取り付けた後、下あごと上あごを取り付けます。多少下あごを引いた状態で取り付けると、それらしく見えます。また、このときに犬のぬいぐるみの後頭部付近を針で整えながら、顔の横幅や頭の大きさなどの全体のバランスを考えて針で整えます。頭の大きさは、思っているよりも多少小さめにしておきました。口や体との接合部分を消していったり、ホワイトシェパードらしく被毛を取り付けていくためです。

上手に大型犬ホワイトシェパードのぬいぐるみを羊毛フェルトで作るポイント
鼻をフェルトで付ける場合、鼻を先に作って後からぬいぐるみの上あごに取り付けるのではなく、直接ぬいぐるみの鼻の部分に黒い羊毛フェルトとおき、針で刺していきました。こちらの方が、バランスを見ながら形を整えやすいですし、鼻と上あごの一体感が取りやすいと思います。

ホワイトシェパードのぬいぐるみを作ってみよう!(羊毛フェルト編)

  1. ホワイトシェパードのぬいぐるみに使う道具
  2. ホワイトシェパードという大型犬をイメージしてみよう!
  3. ぬいぐるみの大きさや形を考える
  4. ホワイトシェパードらしく見えるために
  5. 羊毛フェルトで犬の顔を作ってみよう1!
  6. 羊毛フェルトで犬の顔を作ってみよう2!
  7. 羊毛フェルトで犬の顔を作ってみよう3!
  8. 羊毛フェルトで犬の体を作ってみよう1!

ページ内容紹介【ホワイトシェパード犬の口を作る】
ホワイトシェパード白い犬です。ですので、ぬいぐるみにすると形以外の特徴があまりありません。ですから、細かな作業になるのですが、色が付いた口、目の回り、耳の中などを、よりリアルに表現することにより、更にホワイトシェパードらしいぬいぐるみができてきます。
ホワイトシェパードの販売 » 大型犬ホワイトシェパード子犬販売【ホワイトシェパード専門犬舎Alwayshere】
独自の考え方でホワイトシェパードの繁殖・販売・子犬管理を徹底しておこなっている犬舎です。ホワイトシェパードのことだけを考え、交配の目的や育て方なをを明確にお伝えすることができるよう、また、お求めになる方のために、ホワイトシェパードの父犬・母犬を選んで、よりお求めになりたい子犬を探していただけるよう情報をたっぷりと掲載しています。
ホワイトシェパードのことを知り尽くした犬舎だからこそできる徹底したサポート・アドバイスも充実!大型犬ホワイトシェパードのことにはどこにも負けない強い信念があります。
ホワイトシェパードの動画配信  » 動画配信サイト【ホワイトスイスシェパード.COM】
ホワイトシェパードの子犬から成犬までの動画をハイビジョンで紹介。ホワイトシェパードの仕草や、飼い主に対する忠誠心をご覧いただけます。ホワイトシェパードの魅力が動画でご覧頂くことができ、飼育でお悩みの方の判断材料にもらるはずです。美しいスタイルを持つ独特の魅力あふれるホワイトシェパードという犬種をすぐに見てみたい方はどうぞご覧下さい。
高画質でお送りするホワイトシェパードの魅力を満載!
ホワイトシェパードのブログ風サイト » 観察日記【ホワイトシェパードブリーダーの一日】
ホワイトシェパードと共に過ごして得ることができた知識を日記形式で紹介。大型犬を群れで観察することにより、ホワイトシェパードの色々な仕草や行動の持つ意味を紹介したりしています。犬の触れ合い方、つきあい方、接し方でお悩みの方、問題行動でお悩みの方、またサイト管理者自身がそうであったように、ペットロスによる精神的苦痛を書いた日記など、色々な情報をたっぷりと書いています。
中にはホワイトシェパードの裏話なども・・・。
ホワイトスイスシェパードの紹介 » 大型犬ホワイトスイスシェパードについて【ホワイトシェパードの魅力を紹介】
ホワイトスイスシェパードが縁で、歌手の長渕剛さんとお話しする機会があり、そのときに長渕剛さんが言われた一言や、ホワイトシェパードのスタイルについて、魅力あふれる性格や過去の不幸な歴史を歩んだホワイトシェパードのことについて、また、ホワイトシェパードの特徴などを画像を使って紹介しています。
ホワイトスイスシェパードの魅力あふれるサイトです。
大型犬の育て方を紹介 » 大型犬の育て方について【大型犬ホワイトシェパードから得た知識】
ホワイトシェパードの群れと過ごし、その中で得た情報を紹介。ブリーダー・ペットショップから届いた子犬を飼育する前に知っておきたい情報を公開しています。どのような子犬を選べばよいか、また大型犬の心と体の成長をいかに上手に伸ばしてやるかなどを紹介しています。また、問題行動をとらない愛犬に育てるために必要な環境や接し方、人間と犬という異なる動物が、お互いに理解し合い、そしてより幸せに過ごしていくことができるように、様々なことを公開しているサイトです。大型犬のことを真剣に考え、そしてより幸福な人生を迎えることができるように、愛犬のために作ったサイトです。